那覇市長田にある認可外保育園です。大切なお子様の大切な時期を、遊びや学びを通して、一生懸命お世話させて頂きます。

保育内容

保育の課程
0歳児 ・家庭との連携を取りながらひとりひとりの生活リズムを整えていく。
・保育者との温かい関わりの中で、感情や自己主張を表し、愛着を感じて
 信頼関係を育み、他者との関わりを広げ、情緒の安定をはかる。
・清潔で安全な環境の中で、個々に応じて体や手先など運動や、見る・聞く
 触れるなどの体験を通して身の回りに対する興味や好奇心の 芽生えを育む。
・親しい保育者との関係を基礎として、表情やしぐさ・喃語など の発語を
 促す。
1歳児 ・基本的なことを自分でしようとする気持ちを受け止めてもらいながら、生活
 の仕方が身につき始める。
・安全で活動しやすい環境ゆったりとくつろげる環境の中で快適に生活で
 きるようにする。
・周囲の友達や物事に興味、関心を持って関わろうとしたり、探索行動を
 十分に楽しむ。
・保育士や周りの子ども達とのつながりを基に、自分の思いを言葉や身振り
 で表現し、伝える楽しさを味わう。
2歳児 ・保育士との安定したかかわりの中で、簡単な身の回りのことを自分でしよ
 うとする。
・保育士と一緒に自分の好きな遊びや、全身や手指を使う遊びを楽しむ。
・身の回りにいろいろな人がいることを知り徐々に友だちと関わって遊ぶ
 楽しさを味わう。
・身近な環境に親しみ、いろいろな経験を通して興味、関心を広げ、保育
 士とともに言葉の やりとりや表現する楽しさを味わう。
3歳児 ・生活に必要な生活習慣が身につくようにする。
・好きな遊びをする中で、身体を動かしたりじっくり遊びを楽しむ。
・身近な友だちや異年齢児とかかわり、遊ぶことを楽しむ。
・身近な環境や自然に興味を持ち、感じたことや思ったことを自由に表現
 しようとする。
4歳児 ・自分でできることに喜びをもちながら、健康・安全などに必要な基本的
 生活習慣や態度を身につける。
・身近な遊具や用具を使い、十分に身体を動かして遊ぶことを楽しむと
 ともに、いろいろな 活動に進んで取り組もうとする。
・友だちや、異年齢児とのかかわりを広げ、集団の中で自己主張したり
 相手の気持ちを考えながら行動できるようにする。
・身近な事物や事象に関心を持ちながらイメージを広げ、感じたことや
 思ったこと、想像し たことなどを、様々な方法で表現する。
5歳児 ・自分でできることの範囲を広げながら、健康・安全など生活に必要な
 基本的生活習慣や態 度を身につけ、自主的に行動する。
・様々な遊具や用具を使い、複雑な運動や集団遊びを通して身体を
 動かすことを楽しむ。
・地域や周囲の大人、友だちや異年齢児との関わり中で、いろいろな人
 がいることに気づ き、受け入れ、思いやりや協力する心が育っていく。
・身近な社会や自然事象への関心が高まり、様々なものの面白さ・不思議さ
 美しさなどに 感動し、感じたことや思ったこと・想像したことなどを自由に
 表現する。

↑ページのTOPへ
外部講師による幼児体育教室
年中児クラス
年長児クラス
当園は『幼児体育教室』導入園です。
お子様の元気な体作りに、幼児体育教室を通して
元気よくしなやかな体作りをサポートいたします。

     


↑ページのTOPへ
食育
給食について 当園内の調理場で、調理担当にて調理し、それぞれの発達にあった調理をし、出来立ての温かい手づくり料理を提供しています。
食材について お子様にも安心安全なお水を使用し、食材は県産、国産の食材を使用、季節感のある温かい食事を毎日提供します。
三角食べ 昔から日本に根付いた食べ方を、現代はできない子が多いです。味覚を育てるため、また栄養バランスを整えるため、三角食べを指導しております。
食器について 汁椀、ご飯茶碗、少し深みのあるプレートを中心に、軽くて小さなお子様でも持ちやすい、メラミン製の食器を使用しております。またスプーンやフォーク、お箸などもお子様が持ちやすいものを使用しております。
おやつについて おやつも当園内の調理場で調理した、できたてのおやつを提供できるよう心がけております。
アレルギー等への対応 園で給食を始める前に、食物アレルギーをお持ちのお子さまに対し保護者、調理師、保育士の3者面談を実施し、食物アレルギーカルテを作成、アレルゲンの除去とその代替食の提供をしております。経過とともに変更 がある場合は担任にお知らせ下さい。
○給食献立表
・2017年
・2016年

↑ページのTOPへ
園外保育
おさんぽ 季節感を味わい、気分転換でき、体力向上、人と関わるという要素があるお散歩は、子どもにとって、不可欠と言えます。当園では、お天気のいい日の午前中に、おさんぽを取り入れます。その際には、安全管理には十分に配慮しております。
公園利用 お外で遊ばせるのは、子どもたちにとって大きなストレス解消と考えます。当園では月に数回、おさんぽ以外に、公園で子供達を思いっきり遊ばせることを行っております。
いもほり 秋や食物の実りを感じ、土の温かさや土の中の生き物に気付くことで土や自然とのふれあいをもつ。また畑の作物を育ててくれた人や料理してくれる人に感謝する気持ちを育てることができるいもほりは、幼児期にとってとても大切な行事です。感謝の心を育て、自然を感じる心を育てます。
敬老会 当園では毎年、ご近所の老人福祉施設へ慰問を行っております。お年寄りを大切にする心、敬う心を育てる保育を行っております。
運動会 当園では運動会の目的として、子どもの運動能力の発達を保護者に伝え、ご家庭以外で、運動を通して親子がふれあうことができ、体を動かすことの楽しさをしり、普段の保育をより深められると考えます。子供達も保護者も一緒に体を動かし、汗をかき、楽しめる行事の一つとして、取り入れております。
遠足 遠足は、お弁当をもって、公共の場所にみんなで行くとことが前提です。公共の場所に大勢でいくということは、マナーを守り、協調性を育むうえでも、とても大切な行事の一つです。また外で食事をするという普段と違ったシチュエーションに、子どもたちはとても喜びます。そんなワクワクする気持ちを育てるためにも、遠足は大切な行事の一つだと考えます。

↑ページのTOPへ